修理について|ドア修理を利用して防犯機能を高めることができる

修理について

鍵

鍵を紛失してしまった際には

家の鍵を紛失してしまうと、いろいろと面倒な手続きがあります。まず、一人暮らしの場合、合鍵を知人に預けるなどしていない場合、自分の家に入れなくなります。一般的な鍵の業者にあけてもらうには、さまざまな本人確認の手続きがありますので、可能であれば大家さんや管理会社などに連絡してカギを開けてもらうほうがよいでしょう。それでも、面識のない管理会社の社員の場合などは、本人であることを確認するための証明書提示や、保証人の誕生日や名前などの情報を聞かれることがあるようです。でもこれは、防犯のために必要な手続きです。今後、セキュリティーはますます厳しくなり、自宅の鍵であっても、簡単に開けてもらえなくなる傾向もあるでしょう。また、カードキーの家が増えていますので、合鍵を手配できずに業者に頼むと、作業が難しくなったり、ドアを壊す必要がある場合もあります。

修理業者を呼ぶ場合には

家に入ることができ、合鍵が家のなかにあったとしても、紛失した鍵で施錠を続けるのは安全ではありません。特に、財布やかばんなどと一緒に紛失して、住所の分かるものが入っている状態で鍵をなくしてしまった場合は、早急にカギを交換する必要があります。業者にカギをあけてもらった場合は、その場でシリンダーごと交換してもらうという手もあるでしょう。ただ、鍵をなくしたという状態で修理業者を呼ぶ場合には、焦りからはじめに目についた業者に依頼してしまいがちですが、必ず数件に連絡をとって、電話対応や料金を確認したほうが良いでしょう。もちろん、カギ交換はドアの形状、メーカーや型式によって作業工程やかかる費用はまちまちですので、事前にはっきりした見積もりを取ることは難しいですが、費用の上限はかならず聞いておくようにしましょう。