費用について|ドア修理を利用して防犯機能を高めることができる

費用について

錠前

鍵に限らず防犯で一番頭を悩ませるのは費用対効果であり、性能が高い物を買うと高額な予算がかかる事が多いため鍵に守られているのか鍵自体を守っているのか判らなくなるようでは意味がありません。 例えば防犯対策としての鍵というのは、侵入を許さないだけではなくて侵入をあきらめさせるという抑止力としての機能も重要となっています。 ですので、破錠やピッキング対策が施された鍵を一つ買うよりも、安くて良いので補助錠を複数付ける方が時間がかかりそうと泥棒に思わせるので効果的であるという意見も多いです。また鍵だけではなく窓やベランダへの対策が必要です。 このように、なにも高い錠前を導入しなくても少しの工夫で防犯対策が可能なので、錠前を変える際は家屋を全体的に見直す事をお勧めします。

錠前の歴史というのは、泥棒などが行う開錠と戦いでもあり、錠前の性能が向上すると開錠側も新しい技術を生むというのが繰り返されています。 例えば現代では、物理的な錠前だけではもはや限界があるという事で内部にICチップを組み込み鍵側と参照する電子的なロックというのも生まれてきており注目を集めているのですが、この技術も既に開錠技術が存在しており完ぺきな防犯対策とはなりえないと言われています。 そこで注目が集まっているのが指紋認証や虹彩などの生体認証です。 これらは基本的に一人一人違うのであらかじめ登録しておく必要があります。多少の手間はあるとはいえ強力な鍵として成り立ちますし、また鍵を持ち歩く必要が無いという利点にも注目を集めています。 しかし、指紋などは19世紀には偽造技術が考えられており、これも完ぺきな錠前とは言いにくい物があります。