修理について

鍵

鍵を紛失してしまった、または何らかの理由で壊してしまった場合は、早めに業者を呼ぶようにしましょう。特に鍵を紛失してしまったときは、別の鍵に取り替えることが防犯に繋がります。

More Detail

費用について

錠前

防犯対策をするときにはいくらぐらいかかるのか予算を決めてから対策をします。しかし防犯対策では思っていた以上に料金がかかってしまうこともあるので、どうしたらできるだけ安くまとめることができるのか紹介します。

More Detail

鍵を設置する

ウーマン

鍵を設置する際には、開けにくい鍵を設置するのではなくいかにして狙われないかという事を考える必要があります。基本的に鍵や錠前を開けようとする第三者というのはなるべく目立たたないように振る舞いたい物なので、開錠に時間をかけたくありません。その為高級な鍵というのは複製しにくいようにパターンを大量に用意したりピッキング対策として内部に工夫が施されているのですが、泥棒側もしっかりと対策を立てているため高級な鍵を付ければ狙われないという事でも無いというのが実情です。その為錠前を交換するだけではなく、補助錠を取り付けるなど複数の錠前を取り付けるのが効果的です。また鍵のみを見るのではなく、ガラスを防犯ガラスなどにして割られないようにしたり裏口や風呂などから侵入しやすくないかという他からの進入に対しても対策をする必要があります。最近では、ドアでも防犯機能を高めることができます。ドアの修理業者に依頼することで、ドアを防犯性能が高いものに修理してくれるのです。

鍵というのは物理的に作るだけではどうしても複製品やピッキングの対象になってしまうという事で、デジタルという概念が生まれた時に最も最初に注目した分野でもあります。そのため電子的な暗号や錠前であれば第三者は開錠できない、という思考の元に自動車に取り付けられるイモビライザーなどが生まれたのですが、錠前である以上は開ける事が可能なためイモビライザー搭載車でも盗難が起きるようになっています。そこで現在注目を集めているのが人間自身に備わっている指紋や虹彩などを使う生体認証です。生体認証自体は昔からあったのですが、最近になり技術が大衆化してきて一般家庭の鍵と同等の値段で販売されることも多くなってきました。ただし、指紋や虹彩も偽造が可能であるという事は既に判明している事なので現在も次世代の鍵を各社が研究しています。

チップの鍵

キー

IDチップを使った鍵が現代では流行しています。その鍵は車の盗難を防ぐために、作られたシステムが付いています。しっかり車のロックができるので、盗まれる心配がなくなります。

More Detail